本文へスキップ

  参健堂治療院は、皆様の健康の味方です。

電話のご予約・お問い合わせは
TEL.03-3708-1958
〒158-0097 東京都世田谷区用賀
4-12-7-201
           はてなブックマークに追加  ライン

アクセスaccess

世田谷用賀の国家資格者マッサージ・はり、は参健堂治療院駅徒歩3分 

周辺地図

椎間板ヘルニア


参健堂治療院

〒158-0097 東京都世田谷区用賀4-12-7早志ビル201
TEL.03-3708-1958
世田谷用賀の国家資格者マッサージ・はり、は参健堂治療院駅徒歩3分

アクセス

電車の場合

東急田園都市線 用賀駅北口を出て、「くすりのセイジョー」「UFJ銀行」
「スーパーフジ」「セブンイレブン」と道なりに進みます。
「セブンイレブン」を右折し、更に「メガネハウス」を右折、
 コーヒーヒョップ「ビーンズ・デポ」2階 約3分となります。



 <はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師免許証>

はり師免許マッサージ師免許
  (はり師免許証 第四二九四号)     (マッサージ師免許証 第九二七九号)

きゅう師免許 厚生大臣講習
(きゅう師免許証 第四二三六号) (法改正厚生大臣講習終了証 第七九一七号)


店舗イメージ

   参健堂治療院
〒158-0097
東京都世田谷区用賀4-12-7

TEL.03-3708-1958

   
プロフィール
ぎっくり腰
 

氏  名  三原 修
出  身  北海道 千歳市
誕生日   1958年2月6日
1980年  北海道工業大学
     経営工学科卒業
(株)ダイフレックス入社
1984年  五健整骨院入社
1987年  東京医療専門
       学校卒業
1989年 
参健堂治療院開業


リ ン ク
マッサージプラザ
マッサージナビ


腰椎すべり症  

 年齢60代女性主婦、歯科の先生の御紹介で来院
 
 される。

 今から30年程前、長女を出産したとき腰痛をおこし、

 腰椎すべり症と診断され30年間、あらゆる治療を受け

 て来られた。

 最近は、立っているのも辛くなり、

 先日デパートへ、杖を見に行ったとの事。


症 状 
 
 
症状は、左腰とお尻から・ももの裏・すね・足の裏まで、うずく様な痛みがあり

 年中腰に手を当てて生活している。

 最近ではまっすぐ、立っていられなくなったと言う。

   第4・5腰椎のすべり症であ。第4腰椎は左前方へ、第5腰椎は
        右後方へと、出っ張るように変性している。第4・5腰椎及び
        仙骨の椎間が狭まり、左座骨神経を圧迫していると考えられる。
        痛みのせいなのか体全体は、強く緊張しており交感神経の支配
        が常に解けない(ストレス)状態である。特に左脊柱起立筋群
        の緊張は異常で、これでは骨格を支えるどころか逆に負荷お
        掛け変性が進行するのは仕方がないと考えられる。

 
 
 今日まで様々な治療を受けてきているため、特に注意する事はなく

 全て任せて頂く事で、治療を進める。

 但し、症状が30年以上経過しているため、あまり期待をしないで頂きたいと

 前置きをして始める。

 施術は、まず全身の緊張を解き状態を把握するためマッサージを行う。

 特に、主訴である「すべり症」の状態に注意し進める。

   施術は、任せて頂けると言う事なので、フルで行う。
        まず
により、30年間症状を悪化させた最大の原因。
        
の支配を解く事とした。
        ある程度、全身の緊張が解けたところで。
        
の緊張を、低周波治療と(即刺即抜)で
        丁寧に解く。
        第4・5腰椎周囲は、痛みが強く座骨神経の圧迫もあるため。
        鎮痛・消炎・鎮静を目的に、
(パルス通電)を施す。。
        第4・5腰椎「すべり症」の変性は、牽引と同時に

        の手技を施し、変性と
を同時に改善する。
        最後に、左下肢伸展テスト(ラセグー徴候)を確認し終了。

 マッサージ・鍼・整体と、さすがに様々な治療を受けてきただけあり、施術は

 スムーズに進む。

 施術は、週1回のペースで3ヶ月に及んだ。


結 果

 施術開始から3ヶ月が経ち、症状はまったく無くなり施術中は熟睡している。

この症状が出て30年、特にこの数年は出かける事も出来なかったと言う。

この患者さん、田舎が四国の道後温泉で、90歳になるお母様がおられる。

この3ヶ月は月2回のペースで田舎に帰り、お母様も帰ると一緒にお風呂に入る

のを楽しみにしていると言う。

本人曰く、

『長年帰れなかった田舎に帰れるようになり、

 すっかり良くなったので治療を終了したい。』 と仰られる。

丁度3ヶ月、特に症状は無く本人の希望で施術は終了する事となった。


しかし、施術修了から3か月余り経った頃ご連絡があり。

『すっかり症状が元に戻り、左腰から足の裏までしびれて

 痛みだした。どうしたら良いでしょう』と言う。

様々な処置を施しても良くならない、30年越しの腰椎のすべり症でした。

それが3ヶ月で症状が治まった。

それは奇跡的な話ですが、それで二度と症状がでないと思うのはおかしい。

大事なのは、症状がでない状態を維持する事です。

その後、再度施術を行い1月足らずで症状は治まり。

今では、月2度の来院で定期的なケアをしている。

現在、70代になり通院10年以上。 

この10年、海外旅行へ何度も行き山歩きもしている。

当然症状は出ていない。