本文へスキップ

世田谷用賀でぎっくり腰膝関節痛の治療は参健堂治療院

            電話のご予約・お問い合わせはTEL.03-3708-1958
            〒158-0097 東京都世田谷区用賀4-12-7-201
世田谷用賀でぎっくり腰膝関節痛の治療は参健堂治療院      はてなブックマークに追加 ライン

主な症状 首・腰・膝などの症状

                                       世田谷用賀で腰痛膝関節痛の治療は参健堂治療院

  
首  (寝違い、変形性頸椎症、すべり症、ヘルニア その他)

  肩  (肩こり、四十肩・五十肩、肩関節周囲炎、腕のシビレ その他)

  背中 (側弯症、ストレートバック症候群、胸椎変性、肋間神経痛、その他)

  
  (ぎっくり腰、ヘルニア、神経痛、すべり症、変形性腰椎症、 その他)

  膝  (半月板障害、靭帯障害、変形性膝関節症 その他)

  その他(不眠症、顎関節症、肉離れ、自律神経失調症 その他)


                                       世田谷用賀でぎっくり腰膝関節痛の治療は参健堂治療院
                                       世田谷用賀でぎっくり腰膝関節痛の治療は参健堂治療院
                                       世田谷用賀でぎっくり腰膝関節痛の治療は参健堂治療院
                                       世田谷用賀でぎっくり腰膝関節痛の治療は参健堂治療院

椎間板ヘルニア

症状改善
 へのこだわり


                                       
世田谷用賀でぎっくり腰膝関節痛の治療は参健堂治療院

主な症状
は、筋肉・関節・神経などの運動器系の症状を扱う事が多く、これらの殆どが

[筋肉の異常]
が原因と考えると非常に理解しやすいと思われます。

例えば
ヘルニアの様に、骨格の異常が神経症状までも引き起こすと言う病気があります。

これもヘルニアが原因と考えると、ヘルニアの処置をしなければならないと言う考え

になります。


しかし、筋肉が原因でヘルニアになったとなると話は別です。

[筋肉の異常]が骨格を歪ませ、歪んだ骨格が神経を圧迫し痛みや感覚異常を引き起こす。

これはヘルニアに限らず、様々な運動器系の症状を扱う場合の重要な課題だと考えます。

当院は、この[筋肉の異常]起因とし、施術方針を立て症状の改善に導く事を常に

心掛けています。

                                  世田谷用賀で腰痛膝関節痛の治療は参健堂治療院

五十肩


頸肩腕症候群

 首の症状(ねちがい、むち打ち症、変形性頸椎症、その他)

                                  世田谷用賀で腰痛膝関節痛の治療は参健堂治療院首の症状
首の症状には様々なものがあります。

一般的に多いのは急性頸椎症寝違いや外傷性の

むち打ち症です。

寝違いは、殆どが一過性で治りも早く施術も数回で済みます。

外傷性のむち打ち症の場合は医師の診断が優先され、

我々の施術も有効です。

次いで多いのは、慢性頸椎症頸肩腕症候群変形性頸椎症(ヘルニア・狭窄症)など

があります。

なかでも頸肩腕症候群は近年急増傾向にあると思われます。

特にこれら慢性頸椎症の主な原因は、生活習慣と筋力の低下が考えられます。

生活習慣ではデスクワ−クやパソコン操作時の不良姿勢、あまり動く事がないためにおこる

慢性疲労やストレスが考えられます。

筋力の低下は、首を支える上半身の筋肉を動かす事が無いために起こり、

この筋力の低下が骨格に負荷を掛け、首のくるいや変形を起こしやすくしていると考えます。

首の症状の施術には、首に負荷をかけている筋肉の緊張を解き、

出来れば骨格の調整が必要です。

さらに生活習慣の改善や筋力維持のための運動なども重要と考えます。

主な症状のトップページ

                                  世田谷用賀で腰痛膝関節痛の治療は参健堂治療院

座骨神経痛 

肋間神経痛

 肩の症状
 (肩こり、四十肩・五十肩、肩関節周囲炎、腕のしびれ その他

変形性頸椎症
肩の症状で最も多いのは、やはり肩こりです。

その他にも四十肩・五十肩の様に年齢からくると言われる

肩関節周囲炎や肩から腕にかけてしびれや痛みを伴う

神経の症状などもあります。

なかでもこの肩こり原因対処法を考えると言うことは、

その他の運動器系の障害を考える上でも非常に重要な事と思われます。

そもそもコリとは筋肉が強く緊張した状態[筋肉の異常]を言います。

その原因は、疲労・冷え・血行障害・ストレス・衰えなどが挙げられます。

しかし同じ原因でおきたコリでも運動をして起きたコリは一時的で、じっと動かず

ストレスの加わった状態で起きたコリは慢性的なしつこいこりとなります。

最近この慢性的なコリのメカニズムが、筋肉の中にある神経線維の異常と解って来ました。

この神経線維の異常はその神経線維自体の興奮で、興奮した神経は太くなり・ちじみ・

痛みを発します、ちょうど神経痛の状態と同じです。

ですから、慢性的なコリは痛みを伴いスジ張ったような引きつりも感じるのです。

更にこの神経線維の中で痛みを特に感じるところをトリガーポイントと言います。

このトリガーポイントを取り除く手段として、鍼の施術が有効であることも解って来ました。

この様に肩こりに限らず、筋肉が強く緊張した[筋肉の異常]を神経線維のレベルで

緩めることがその他の運動器系の障害に対応する上でも、非常に重要な事と考え

ています。

 トップページ 肩こり


 主な症状のトップページ

寝違い 

脊柱管狭窄症

 背中の症状
側弯症、ストレートバック症候群、胸椎変性、肋間神経痛、その他)

料理イメージ

背中の症状で特に多いのは、肩と同様にコリです。

しかしこのコリ[筋肉の異常]が骨格に負荷をかけ、

側弯症などの背骨の変形を招きます。

特に背骨には肋骨があるため、その肋骨自体の異常や

肋間神経などの異常も伴います。

症状が『胸苦しさ』や背中から胸までの『激痛』が起こる事もあり、時に

は内科的な重い病気と不安を感じる患者さんもおられます。

この様に本来背骨を支えるはずの筋肉が背骨に負荷を掛け、姿勢の異常や症状までも

引き起こす。

これは一連の運動器系障害の原因メカニズムそのものです。

この場合も施術としては、背筋のコリ[筋肉の異常]・骨格調整・神経の興奮と

それぞれを治める事で症状改善に導きます。

そのうえで、その[筋肉の異常]の根本要因となる、生活習慣の改善や筋力維持の

ための運動など患者さんの多少の努力も、重要な事だと考えております。

主な症状
のトップページ

半月板障害 

ぎっくり腰

 腰の症状
 (ぎっくり腰、ヘルニア、神経痛、すべり症、変形性腰椎症 その他)

変形性膝関節症

腰痛症には様々な状態があります。

特に多いのは
急性の腰痛症でぎっくり腰や座骨神経痛

などが良く知られています。

この急性の腰痛症が長引いたり、強い衝撃などで起こると

腰椎ヘルニアなど、
慢性の腰痛症となります。

またその症状も、引きつり感・シビレ・痛みで寝が入りが

打てない・立ち上がれない、逆に感覚が無い・・・

など様々です。

腰痛症の主な原因は生活習慣や癖・仕事などが要因となり、筋のバランスがくずれ

骨格に異常を来たし、それが脊髄や神経に影響を与えるためと考えられます。

この腰痛症の施術も、他の運動器障害と同様に筋肉の緊張を解きバランスを整え

骨格の調整を行い、神経の感覚の異常を治めて行きます。

そのうえで、その要因となる生活習慣の改善や筋力維持のための運動など

患者さんの努力も重要と考えております。


主な症状のトップページ


頸椎症 

頸肩腕症候群

 膝の症状
 (半月盤損傷、靭帯損傷、変形性膝関節症 その他)

ぎっくり腰

膝の症状には様々なものがあります。

運動などによる半月板損傷や靭帯損傷、老化などで起こる

変形性膝関節症などが主に挙げられます。

人体の中で最も複雑な関節で最も負荷のかかる関節それが

膝関節と言えます。

この最も難しい関節の症状を考える場合、その膝関節を支え

動かす[筋肉の異常]が重要なカギとなります。

膝関節症の原因は運動や老化など様々なように思われますが、

膝関節に負荷が掛り症状を起こすと言う事では同じ事だと考えます。

実は運動などで起こるはずの半月盤損傷や靭帯損傷が、何もしていない

のに起こると言う事はよくある事です。

老化などで起こる変形性膝関節症も何もしていないのに進行してゆきます。

この根本的な原因が[筋肉の異常]です。

この膝関節の症状も、他の運動器障害と同様に筋肉の緊張を解き関節に加わる

負荷を解く事で症状の改善が可能となります。

しかし、何もしていないのに起こり・進行する膝関節症状の本当の原因は、

『何もしていない』事にあります。

やはりこの場合でも生活習慣の改善や筋力維持のための運動など

患者さんの努力も重要と考えております。

主な症状トップページ

寝違い 

座骨神経痛

 その他の症状
(不眠症、顎関節症、肉離れ、自律神経失調症 その他)

欝
その他の症状の中には、顎関節症や肉離れなど

扱う事の多い運動器系の症状もあります。

しかし、不定愁訴症候群や自律神経失調症不眠症

更にパーキンソン病などの難病、癌なども含まれます。

これらの症状は、患者さんの対応なども含め、それぞれが難易度の高い

施術を要求されます。

それゆえ完治・改善を目的にする事の出来ない症状もあり、完治するのではなく

症状の進行を抑えたり、安定した状態を維持したりする事が施術の目的となる場合が

あります。

このように、患者さんの症状によつては『少しでも楽に日常を過ごす』事も

施術の目的として重要な事だと考えております。

頸肩腕症候群 


                                  世田谷用賀でぎっくり腰膝関節痛の治療は参健堂治療院
                                世田谷用賀でぎっくり腰膝関節痛の治療は参健堂治療院

                                  世田谷用賀でぎっくり腰膝関節痛の治療は参健堂治療院
                                  世田谷用賀でぎっくり腰膝関節痛の治療は
参健堂治療院
                                  世田谷用賀でぎっくり腰膝関節痛の治療は
参健堂治療院
                                  世田谷用賀でぎっくり腰膝関節痛の治療は参健堂治療院
                                  世田谷用賀でぎっくり腰膝関節痛の治療は
参健堂治療院



御案内
 LINE@QRコード 
LINE@参健堂QRコード
YAHOO!ロコ
YAHOO!ロコLINE@参健堂治療院facebook参健堂治療院
YAHOO!ロコGoogle+参健堂治療院
レットリボン

自律神経失調症
治療
効果
あり

【世田谷で29年ギックリ腰・神経痛】
の施術は安心の
 参健堂治療院

 TEL.03-3708-1958

〒158-0097
東京都世田谷区
用賀4-12-7

 180
 
 マッサージプラザ.COM