世田谷用賀で椎間板ヘルニア座骨神経痛治療は参健堂治療院,自律神経失調症やパニック障害も臨床豊富

   

世田谷用賀で椎間板ヘルニア座骨神経痛治療は参健堂治療院,ぎっくり腰寝違い等も臨床豊富

   

世田谷用賀で椎間板ヘルニア座骨神経痛治療は参健堂治療院,四十肩・五十肩頸肩腕症候群も臨床豊富

   

世田谷用賀で椎間板ヘルニア座骨神経痛治療は参健堂治療院,変形性膝関節症,眩暈,耳鳴り臨床豊富

  参 健 堂 治 療 院
       世田谷用賀で椎間板ヘルニア座骨神経痛治療は参健堂治療院            
 参健堂治療院ロコ
 参健堂治療院
電話のご予約・お問い合わせは
TEL.03-3708-1958
〒158-0097 東京都世田谷区用賀4-12-7-201


     はてなブックマークに追加
     
世田谷用賀で椎間板ヘルニア座骨神経痛治療は参健堂治療院
                   LINE@QRコード 
  LINE@参健堂QRコード 参健堂治療院紹介フォト 
      世田谷用賀で椎間板ヘルニア座骨神経痛治療は参健堂治療院                世田谷用賀で椎間板ヘルニア座骨神経痛治療は参健堂治療院
    アクセス

    施術時間・料金

    御予約

    施術時間・料金

    施術時間・料金

    施術時間・料金

    施術時間・料金

    施術時間・料金

    施術時間・料金

   谷用賀で椎間板ヘルニア座骨神経痛治療は参健堂治療院

 YAHOO!ロコ

 LINE@参健堂治療院

 Facebook参健堂治療院

 YAHOO!ロコ

 Googl+参健堂治療院

   
 
acces 世田谷用賀で椎間板ヘルニア座骨神経痛治療は参健堂治療院
   猫フォト
  世田谷用賀で椎間板ヘルニア座骨神経痛治療は参健堂治療院
トップ仕切り
    
  
世田谷用賀で椎間板ヘルニア座骨神経痛治療は参健堂治療院


はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師免許証

 鍼師免許
 
(はり師免許証 第四二九四号)
    世田谷用賀で椎間板ヘルニア座骨神経痛治療は参健堂治療院

 マッサージ免許
 (マッサージ師免許証 第九二七九号)

  世田谷用賀で椎間板ヘルニア座骨神経痛治療は参健堂治療院

 灸師免許
 (きゅう師免許証 第四二三六号)
 
 世田谷用賀で椎間板ヘルニア座骨神経痛治療は参健堂治療院
 
    厚生大臣講習
(法改正厚生大臣講習終了証 第七九一七号)

 世田谷用賀で椎間板ヘルニア座骨神経痛治療は参健堂治療院

 
参健堂治療院

 〒158-0097
 東京都世田谷区用賀4-12-7早志ビル201号

 TEL
.03-3708-1958

サブナビゲーション
世田谷用賀で椎間板ヘルニア座骨神経痛治療は参健堂治療院

世田谷用賀で椎間板ヘルニア座骨神経痛の治療は参健堂治療院

  
  世田谷用賀で椎間板ヘルニア座骨神経痛治療は参健堂治療院

 

 椎間板ヘルニア2

施術話仕切り1
       世田谷用賀で椎間板ヘルニア座骨神経痛治療は参健堂治療院
 参健堂施術話
      (2011/5〜ブログより)
 世田谷用賀で椎間板ヘルニア座骨神経痛治療は参健堂治療院

施術話仕切り2

 参健堂治療院と申します。

 世田谷は用賀で、あまり目立たぬよう

 鍼灸マッサージをやっております。

 今年で何とか26年目を向かえ、これも

 皆様のご愛顧の賜物と思い感謝している

 次第です。

 開業以来、平凡な普通の鍼灸マッサージ

 院であると10年ほど思って

 まいりました。

 しかし、長年様々な患者さんとの交流の

 なかで起きるエピソードと興味深い症例

 が年々増えてゆき、そんな話を何気なく

 他の患者さんにすると。

 『変わった症例が多いですね』とか

 『スゴイ症例ですね』などと言う反響が

 ありました。

 今回このブログを立ち上げるにあたり、

 この様なエピソードや興味深い症例を

 多くの方に共有して頂き、御健康維持

 の御参考にして頂ければと思い起こし

 たものです。

 しかし、当院の患者さんの個人情報に

 は最大の注意を払い、なるべく解剖学・

 病理学などの専門性は除き、

 
『参健堂施術話』はあくまでも『お話』

 としてすすめて行きたいと思います。

 皆様の御健康に、必ずお役に立つと

 信じお話させていただきます。

     ギフト

インデックス仕切り1
田谷用賀で椎間板ヘルニア座骨神経痛治療は参健堂治療院

    <タイトルインデックス>

 @ 頸肩腕症候群
      
激増する!『頸肩腕症候群』 
 A コリの原因
      目から鱗!『痛みを伴う慢性のこり』
 
B ぎっくり腰

      夢の中の『ぎっくり腰』が現実に!
 
C 座骨神経痛
      年齢にかかわらない!
      『座骨神経痛』

 D 不眠

     
子供なのに出来るんですか!
      『不眠のコントロール』

 E 健康維持
      85才で海外旅行へ行ける理由!
      『ぎっくり腰から12年』

 F 変形性頸椎症
      同病相憐れむ!『変形性頸椎症
      から変形性頸椎症を紹介』

  G  むち打ち症
      20年苦しんだ!『むち打ち症』



  ホワイトフラワー


インデックス仕切り1
  世田谷用賀で椎間板ヘルニア座骨神経痛治療は参健堂治療院

 @ 激増する!
   『頸肩腕症候群』
 

    
*(頸肩腕症候群とは?)
 

 『頸肩腕症候群』・・・首などの異常
 
 により、首から腕にかけての痛みや

 シビレ・感覚の異常が出『むち打ち症』

 の症状に類似しているため、はき気など

 も出ることがあります。

 様々な定まらない症状が起こるため

 『不定愁訴症候群』の一つとも言われ、

 長引くと『うつ』の症状が出る方も多い

 ようです。

 よく腕が上がらないと四十肩・五十肩

 と言いますが、この数年来その九割が

 この『頸肩腕症候群』と言っても過言で

 はないと考えられます。

 原因はパソコン等のデスクワークで

 長時間首に負荷がかかったり、

 ストレスからくる首肩の緊張や

 背筋力の衰え不良姿勢などの要因が


 挙げられます。

 こんな患者さんがいました、二十代の

 男性、PCソフト会社のオペレーター

 右の首の付け根が痛く、

 右腕全体が重苦しく手の先はシビレ

 ており腕を切り落としたい程と言う、

 特に仕事中は症状がひどく夜は眠れ

 ないと言う。

 施術2〜3回で症状は手先のシビレを残し

 治まり、眠れるようにもなった。

 しかし、仕事を始めるとまたすぐに右腕

 の重苦しさが出ると言う。

 仕事環境を聞くと、パソコンのモニター

 が右にあり常に右手でマウスを操作し、

 その間電話の応対をしていると言う。

 いくら施術を施しても、仕事環境が体に

 負荷をかけているようでは症状の改善

 にはならない。

 モニターの位置を左に移し姿勢も胸を

 突き出しあごを引くような首に負荷の

 かからない状態を意識し、

 30分〜1時間ごとに首や腕のストレッチ

 を行うよにアドバイスし、仕事環境と

 長時間の不良姿勢を変えて頂いた。

 施術4回目(1週間後)、症状はまったく

 出なくなり多少肩がこるぐらいと言う、

 その後4〜5回施術は行ったが症状は

 出なかった。

 『頸肩腕症候群』は非常に難しく激増

 傾向にある現代病です。

 しかし、体の状態ばかりではなく生活

 環境や習慣など様々な角度から観て

 行くと、必ず原因となる条件があり。

 その一つ一つをよく理解し
改善する

 ことで、症状は必ずが治まると考え

 ます。


 
この様な症状でお悩みの方は多いと

 思われ、御参考までにお話させて

 頂きました。

   カーネイション

 
 
椎間板ヘルニア3
椎間板ヘルニア4
  
世田谷用賀で椎間板ヘルニア座骨神経痛治療は参健堂治療院 

 A 目から鱗!『痛みを伴う
    慢性のこりの原因』

     
*(こりとは?)

 昨年の春、何気なくつけたテレビの情報

 番組で、『痛みを伴う慢性のコリ』の

 特集をやっていました。

 『痛みを伴う慢性のこりは』は、筋の

 疲労と血行障害によるものと長年

 考えており、

 施術においても最も多く扱う症状です。

 番組はたしかK大学付属のペイン

 クリニックのお医者様と、国立T大学の

 鍼灸科の先生の科学的な検証だったと

 思います。

 CTスキャンで輪切りにした筋の映像に、

 異常部分が紫色に光る薬剤を使い、

 正常な筋と『痛みを伴う慢性のこり』を

 比較して見せていました。

 すると明らかに、

 『痛みを伴う慢性のこり』には数箇所

 紫色に光る点があり、

 これは神経が太くなった部位を、映像に

 映している物だと言う事でした。

 『痛みを伴う慢性のこり』の原因は、

 筋の中の神経線維が太くなるために

 起こると言う事でした。

 神経が太くなるという事は、神経が興奮

 しているときに起こり『神経痛』が

 まさにその状態です。

 『痛みを伴う慢性のこり』の中では、

 細い神経であっても『神経痛』の様な

 症状を起こしていると言う事です、

 まさに『目から鱗が落ちた思い』です。

 『神経痛』は神経が太くなり・ちじみ・

 痛み・シビレの様な感覚の異常が

 出たりする病気です。

 鍼の施術で、『神経痛』は頻繁に行わ

 れる処置で、その結果は常に

 良好です。

 鍼は、炎症を引かせ・鎮痛作用が

 あり・筋を弛緩させ・神経の興奮を

 解く効果があります。

 今回はこの番組を見て、鍼の筋を

 弛緩させる効果と神経の興奮を解く

 効果が『痛みを伴う慢性のこり』を

 改善させるのだと改めて確認し、

 今更ながらに

 少し興奮致しました。

 何か皆様の御参考になればと願い、

 お話しさせて頂きました。

   椎間板ヘルニア5

 椎間板ヘルニア25
椎間板ヘルニア6
  世田谷用賀で椎間板ヘルニア座骨神経痛治療は参健堂治療院

 B 夢の中の
   『ぎっくり腰』が現実に!
 
    *(ぎっくり腰とは?)
 

 先日患者さんに、『ぎっくり腰』てなん

 ですかと質問されました。


  
『ぎっくり腰』とは、急に腰に痛みが

 走り動けなくなったりする急性の腰痛

 の総称です。

 その原因は、筋肉の疲労・ひえ・老化、

 骨や関節の変形・圧迫・骨折、ストレス

 からの緊張や内科的原因など様々です。

 いちがいに、『ぎっくり腰』になったと

 言ってもその原因の判断は難しい

 ものです。

 ある日別の患者さんの奥さんから、

 ご主人が朝『ぎっくり腰』になり至急

 診てもらいたいと連絡がありました。

 このご主人は1年ぶりの来院で、

 以前は1年半ほど首肩の症状で毎週

 起こしになられていた、

 おなじみの患者さんです。

 来院し、症状をお伺いすると

 『夜寝ていて夢を見ていた、夢の中で

  ぎっくり腰になりあまりの激痛に目が

  覚めると、本当に腰が痛くて動けず

  朝まで我慢をしていた、

  寝ていてぎっくり腰になるなんて

  聞いた事がない』

 と仰られる。

 それに対して、

 『いえ、よくある話ですよ特に〜さん

  (この患者)の場合は何度同じ事を

  起こしても不思議じゃない

  と思います。』

 『たぶん夢のん中で、お仕事をされ

  ていたんでしょ?』 と聞くと、

 『そう、次のお店の店舗展開を考え

  ていた、それを考えるのが大好き

  なんだ』と言う。

 このケースの方の場合、けして

 ストレスや腰に負担が掛かる原因は

 ありません。

 しかし、昔からデスクで考え込み、

 あまり体を動かす習慣が無く姿勢も

 猫背で、首・肩・背中のコリをよく訴え

 ていました。

 この状態で、夜寝ていても夢の中で

 仕事をしており、更に1年程体のケア

 はしていなかった。

 夜寝ていても体全体が緊張状態に

 あり、起こるべくして起こったと

 言えます。


 施術は、全体の緊張をマッサージで

 解き、痛みのある腰は鍼で緩和し、

 丸くなった背中は、ストレッチと矯正を

 施し改善しました。

 施術後は、症状は軽減され動きも良く

 なりました。

 しかし、夢の中で仕事をしている

 ようでは、また同じ事のを起こし

 かねない。

 『今夜から、寝る1〜2時間前に、

  ぬるめのお風呂に入り、何も考え

  ず湯船に浸かって、その後静かに

  お布団に付いて下さい、出来れば

  それを習慣にして下さい』

 とアドバイスをし施術を終了する。

 1週間後の施術では、よく眠れる

 ようになり、夢をあまり見なくなり、

 何よりも腰の痛みが無くなった

 と言う。

 今回のお話は、少し特殊な事の

 様に思えるかもしれませんが、夜

 寝ていても緊張がが解けない、

 自分にとって楽しいと思っている

 事が、必ずしも体にとって良いとは

 がぎらない。

 と言う事があるようです。

 ご参考までに、お話させて頂きました。


   椎間板ヘルニア7


 椎間板ヘルニア8

椎間板ヘルニア9
  世田谷用賀で椎間板ヘルニア座骨神経痛治療は参健堂治療院 

 C 年齢にかかわらない!
    『座骨神経痛』 

     
*(座骨神経痛とは?)

 
今回は、『座骨神経痛』について

 少しお話させて頂きます。

 当院の最高齢の患者さんは、現在

 95歳の女性の方です。

 開業以来の患者さんで、

 26年程診ていることになります。

 最初の15年程は、往診による

 御自宅での施術を行っていました。

 しかし、施術と言ってもマッサージ

 のみで、なんとなく気持ちが良い

 ので一ヶ月に1〜2度受けている

 という程度でした。
今から12年程前、

 いつものように往診にお邪魔すると、

 右のお尻からももの裏・すね

 にかけてが、引きつるように痛む

 と言う。

 数日前に、掛かり付けの内科の
 お医者様に診て頂いたところ

 『座骨神経痛』と診断され、痛み

 止めの貼り薬を頂いたがあまり

 状態はよくないと言う。

 この時点で年齢が80代なかば

 であり、本人は『この年では、

 神経痛なんて治らないね』 

 と言う。

 それに答えて 

 『神経痛は年齢に関係なく出る

  ものです、私の子供は小学校の

  時から神経痛が出たといって

  いました。』

 当時 『本当に神経痛?』 と言って

 子供を診てみると、確かにお尻

 からももの裏にかけて、

 坐骨神経が興奮し太く引きつる

 様な状態になっている。

 『本当だ神経痛だね、どうして

  解ったの?』 と聞くと。

 前になった時、私に『神経痛だ』と

 言われた事を覚えていたと言う。

 私、自分で言った事を忘れて

 いました・・・・神経痛は年齢に

 関係なく出るもので、

 その神経に圧迫や冷えが加わると、

 痛みや引きつり・シビレ・感覚の異常

 が出るものです。

 これは、「神経が興奮している状態」

 と考えるべきで、原因となる圧迫や

 冷えを改善した後、

 この「神経の興奮」を治める処置を

 施さなければならないと考えます。

 患者さんから 

 『では、どうすればいい?』 

 と聞かれ。

 『出来れば往診ではなく、施術所

  で座骨神経痛の施術をしっかり

  行うべきですね』 とお話しする。

 その後、お孫さんの送り迎えで

 週一回のペースで通院する

 事となり、症状は4〜5週で治まり

 その後の数年は、冬になり寒くなる

 とまた神経痛が出るのではと不安

 がっていました。

 あれから12年程が立ち現在まで

 座骨神経痛の症状は出ていない。

 今は歩いて通院され、今年の11月

 で96歳になられる。

 神経痛は年齢にかかわり無く出る

 ものです、しかし原因と体の状態を

 うまくコントロールする事で、治まる

 ものなのです。

 ご参考までにお話させて頂きました。


  椎間板ヘルニア10

 椎間板ヘルニア11
椎間板ヘルニア12
  世田谷用賀で椎間板ヘルニア座骨神経痛治療は参健堂治療院 

 D 子供なのに出来るん
      ですか!
  『不眠のコントロール』
    
       
*(睡眠障害とは?)
 
 先日中学1年の男の子が、

 『不眠と肩こり』でお母さんと一緒

 に来院しました。

 この御家族は二世帯・三代同居で、

 お子さん以外は全員来院経験があり、

 お祖母さんは20年以上お越しに

 なっています。

 施術が始り本人に状態を聞くと、

 『受験勉強中から首肩がこり、近所

  の整骨院に通っていました、受験

  が終わり学校に通い始めると通学

  と部活、勉強も厳く最近は夜も

  眠れなくなり、自分からここへ行き

  たいと言い来ました』 と言う。

 凄い!しっかりし過ぎてる。

 丁寧に言葉を選び自分の状況を

 明快に説明する。

 とても数ヶ月前まで小学生だった

 とは思えない。

 『部活は何をやっているの?』と

 聞くと。

 小学生の時から野球をやっていて、

 どうしても甲子園に行きたく、

 全国大会準優勝の経験のある

 N大付属を受験し、現在念願の

 野球部でレギュラーを目指して

 いると言う。

 この年齢で目標をしっかり持ち、

 更に努力もしている。

 思わず私、 『ん〜』 とうなって

 しまいました。

 今時、これ程の子供がいるのか!

 なんとか応援してあげたいと思い、

 子供扱いは止め、真剣に向き合う

 事にしました。

 『大事な事を言います、大人でも

 なかなか出来ない事です』と

 切り出し、

 『少しお話を聞いていて思った

  のですが、どうも貴方の頭の

  中はクルクル回りすぎる、先を

  読み言葉を選んで、けして的

  外れな事は言わない、とても

  好いことだと思います』

 しかし、

 『どこかで、そのスイッチを切ら

  ないと、当然不眠はひどくなり、

  緊張が解けないため首・肩の

  こりは改善され無いと思います』

 『スイッチを切る訓練をしましょう、

  簡単そうで非常に難しい事です。

  でもそれを身に着けると、将来

  どんなにストレスの掛かる状況

  があっても何とか乗り越えてゆけ

  るようになります』

 それは、

 『頭の中を空っぽにし、何も考え

  ない時間を作ると言う事です』

 でも、

 『何も考えないと言う事はとても

  難しい事で大人でもなかなか

  出来ない。 出来ればあまり

  熱くないお風呂に浸かり、

  ないも考えない努力をする訓練

  をする』

 もし、

 『これが出来るようになると、

   頭の芯からリラックスし

   よく眠れる様になり、首・肩の

   こりも改善されます』  

 と言うと。

 『子供でもそうゆうコントロールは

   出来る様になるんですか?』

 と言うので、

 『この話をしている時点で、子供

   扱いはしていません。でも、

   言っている事は解るでしょ?』 

 と聞くと。

 『良く解ります』 と言う。

 『とにかくやって見て下さい。

  やって見ると更に、それが良く

  解ると思います』

 施術中はこの様なお話をし、

 右に傾いていた首と上がっていた

 右肩を調整し施術を終了する。

 その後、お祖母さんが来院したので

 『お孫さんは、その後如何ですか?』

 とお伺いしたところ。

 『ご機嫌で、学校通っています』 

 との事です。

 皆様にも、何かのご参考になれば

 と思い御話させて頂きました。


  椎間板ヘルニア13

 椎間板ヘルニア14
椎間板ヘルニア15
  世田谷用賀で椎間板ヘルニア座骨神経痛治療は参健堂治療
E 85歳で海外旅行へ
    行ける理由!
  『ぎっくり腰から12年』



 今回は、先月北フランスの世界遺産

 『モンサンミシェル』へ85才で行か

 れた方のお話をさせて頂きます。

 この患者さんは現在85才の女性の

 方で、初めて来院したのは12年前

 73歳の時です。

 この方は70代以前は糖尿病で、

 歩く事でそれを克服しそれ以来

 毎日2時間程歩くのが日課だと

 仰られる。

 73歳の時、世界遺産

 『アンコールワット』を旅行中に

 『ぎっくり腰』になり帰国後、掛かり

 付けのお医者様に診て頂いた所。

 『貴方は歩き過ぎるので歩くのを

  止めなさい』と言われ3ヶ月歩く

 のを止めていたが一向に腰は

 良くならず、歩けない事で

 ストレスも溜まる一方だった。

 その後ご紹介で来院し、

 『今日から歩いて下さい、腰は

  頑張って何とかします歩かない

  で体力や足が弱る事の方が

  怖い・・・』

 とお話し施術を開始する。

 腰痛はその後3ヶ月を待たずに

 良くなり、朝の2時間程の

 ウオーキングは毎日続けている。

 79才の時には世界遺産2,800b

 『マチュピチュ』で1泊

 『ナスカの地上絵』を見4000b

 『チチカカ湖』で1泊し帰国。

 その後も国内外を旅行し、

 今回85歳にして北フランスの

 『モンサンミシェル』に至る。

 よくご本人とお話するのですが。

 年を重ねても元気でいるためには、

 「もう70才だから

   海外旅行は止める」や

 「80才だから好きなゴルフは止める」

 など、自分で線を引かないこと

 好きな事は、やれるうちはやり

 続ける事、続けていれば

 『続けられる体』でいられる。

 『最後は体力と気力と体の

   ケアが大事
』たぶん、これは

 健康維持のための核心だと

 思います。

 ご参考までにお話させて

 頂きました。

  椎間板ヘルニア16


 椎間板ヘルニア17
椎間板ヘルニア18
  世田谷用賀で椎間板ヘルニア座骨神経痛治療は参健堂治療院

 F 同病相憐れむ!
    『変形性頸椎症から
     変形性頸椎症を紹介』
     
*(変形性頸椎症とは?)
 一昨年の五月患者さんの紹介で、

  首から右腕にかけてシビレと痛みが

  20年間治まらない、40代の男性を

 ご紹介されました。

 大学生の時交通事故で頸椎を

 損傷し、所属していたラグビー部の

 チームドクターに診て頂いたところ、

 頸椎の第6・7番目が変形して、

 腕の神経を圧迫していると言う

 事です。

 20年経った今でも、首を右に向ける

 と激痛が走り、崩れ落ちる様に

 痛がります、右腕全体は、指先まで

 年中シビレており、何よりも車の運転

 が恐ろしいと言う。

 お医者様はこれ以上良くならない

 ので、せめて首の筋力を付けて

 下さいと仰られているとの事です。

 20年を経過した『変形性頸椎症』です。

 施術を行うと、初回で首の痛みは

 とれ右に向けるようになり驚いて

 おられた。

 期待を込め週一回のペースで施術

 を行うが、手のシビレが完全に治まる

 のに4ヶ月掛かりました。

 その後アフターケアーのため、

 月1〜2度の施術を受けていますが

 1年以上を経過し手のシビレと首の

 痛みは出ていません。

 数ヶ月後、この患者さんから仕事

 のお客様で、自分と同じ症状の方を

 診て貰いたいと御紹介を受けました。

 患者さんは60代男性、1ヶ月前から

 首が痛みだし、左の肩もシビレと痛み

 で上がらなくなってきた、病院に行き

 診て貰うと変形性頸椎症

 診断される。

 本人は

 『もう67歳で、トシだから仕様がない、

  でも好きなゴルフが出来なくなった

  のが残念だ』
と言う。

 私は

 『御紹介者の方は、同じ

   変形性頸椎症で20年苦しみました

   まだ始まって1〜2ヶ月、諦めるのは


   早いと思います』
 

 と答え施術を始める。

 施術は初回であったが、首の痛みは

 無くなり肩も楽に上がる様に

 なりました。

 本人には、ゴルフはどんどん行って

 くださいと伝える。

 その後、施術は週1回のペースで行い、

 好きなゴルフも週2〜3回行い時には、

 海外に4〜5日かけてゴルフに出かけ

 ている様です。

 今回のお話は、同病の方同士の

 御紹介のお話でした。

 どちらも、難しい症例です。

 私はどの患者さんにも、

 『起きてる症状は難病じゃない限り、

  原因とメカニズムがハッキリして

  います。

  それらを一つずつ丁寧に解決して

  行くと、結果は必ず出るものです。

  後は、その良い状態を維持する

  ケアーを行いながら、皆様が望ま

  れる仕事・趣味・人生を思い切り

  楽しむ事ですね。』

 とお話します。

 皆様の御参考になればと思い、

 お話させて頂きました。


  椎間板ヘルニア19

 
椎間板ヘルニア20


  世田谷用賀で椎間板ヘルニア座骨神経痛治療は参健堂治療院
椎間板ヘルニア21

 
 G むち打ち症
 20年苦しんだ!『むち打ち症』
     
*(むち打ち症とは?)
 
  年齢40代男性 職業 燃料店経営 

  20年前大学生の頃に交通事故で

  首を痛めそれ以来、右に首を向けよう

  とすると激痛が走り右を向く事が出来

  ない
、また右の腕は年中
全体が

  シビレている


  お医者様は20年前に観て頂いた

  先生に今もかかっているが、もう

  これ以上やりようが無いため、

  なるべく首の筋肉を鍛えて下さいと

  仰っているとの事である。
    
  施術は本人の了解を得て、初回

  から鍼の施術を施す。
    
  マッサージから始まり、電気鍼

  脊椎矯正を行い終了する。

  初回の施術終了後、右を向いても

  激痛はなくなった。

  本人は『これは、信用するしかない』

  と言い、私は

  『20年間、殆ど手付かずだったと

  言う事ですね』

  と答える。

  施術はその後、毎週行い手のシビレ

  は2ヵ月ほどで指先程度に治まり

  半年後には完全に出なくなった。

  首の痛みは初回の施術以来

  出ていない。

  春先から施術を初め秋口に症状が

  治まる。

  何と言っても20年越しの症状で

  あり半年係の施術で治まったのは、

  幸いである。

  本人は、現在も予防のため一月に

  1〜2回施術にお越しになるが

  現在特に症状は出ていない。


  椎間板ヘルニア22

 
椎間板ヘルニア23

 
世田谷用賀で椎間板ヘルニア座骨神経痛治療は参健堂治療院
椎間板ヘルニア24
 世田谷用賀で椎間板ヘルニア座骨神経痛治療は参健堂治療院

 世田谷用賀で椎間板ヘルニア座骨神経痛治療は参健堂治療院

 世田谷用賀で椎間板ヘルニア座骨神経痛治療は参健堂治療院


 世田谷用賀で椎間板ヘルニア座骨神経痛治療は参健堂治療院

 世田谷用賀で椎間板ヘルニア座骨神経痛治療は参健堂治療院

 世田谷用賀で椎間板ヘルニア座骨神経痛治療は参健堂治療院

 世田谷用賀で椎間板ヘルニア座骨神経痛治療は参健堂治療院

 世田谷用賀で椎間板ヘルニア座骨神経痛治療は参健堂治療院

 世田谷用賀で椎間板ヘルニア座骨神経痛治療は参健堂治療院 


世田谷用賀で椎間板ヘルニア座骨神経痛治療は参健堂治療院

 世田谷用賀で椎間板ヘルニア座骨神経痛治療は参健堂治療院

 世田谷用賀で椎間板ヘルニア座骨神経痛治療は参健堂治療院

 世田谷用賀で椎間板ヘルニア座骨神経痛治療は参健堂治療院

 世田谷用賀で椎間板ヘルニア座骨神経痛治療は参健堂治療院