むち打ち症頸肩腕症候群の治療は世田谷用賀参健堂治療院

  参 健 堂 治 療 院
  
   むち打ち症頸肩腕症候群の治療は世田谷用賀参健堂治
    参健堂治療院ロコ

  むち打ち症頸肩腕症候群の治療は世田谷用賀参健堂治療院 
電話のご予約・お問い合わせはTEL.03-3708-1958

〒158-0097 東京都世田谷区用賀4-12-7−201



 症 状(痛み・しびれ)

症 状


   はてなブックマークに追加  

   むち打ち症頸肩腕症候群の治療は世田谷用賀参健堂治療院 
 
 
首の症状
 
      変形性頸椎症 

      頸肩腕症候群

      
むち打ち症

 むち打ち症頸肩腕症候群の治療は世田谷用賀参健堂治療院 

 
肩の症状
 
      肩こり
      
四十肩・五十肩
 むち打ち症頸肩腕症候群の治療は世田谷用賀参健堂治療院  
 背中の症状

   
 側弯症
    変形性胸椎症 
 
     肋間神経痛
 むち打ち症頸肩腕症候群の治療は世田谷用賀参健堂治療院 

 腰の症状  

    ぎっくり腰
    脊柱管狭窄症
    腰椎すべり症
   
座骨神経痛
    椎間板ヘル
ニア
むち打ち症頸肩腕症候群の治療は世田谷用賀参健堂治療院 
膝の症状
  
    半月盤損傷 
    靭帯損傷  
    変形性膝関節症

むち打ち症頸肩腕症候群の治療は世田谷用賀参健堂治療院 

その他の症状  
   
 睡眠障害
      顎関節症
     肉離れ
     自律神経失調症

      パーキンソン病

むち打ち症頸肩腕症候群の治療は世田谷用賀参健堂治療院 

腰痛


首の症状
変形性頸椎症

  むち打ち症頸肩腕症候群の治療は世田谷用賀参健堂治療院 
  おすすめイメージ
 むち打ち症頸肩腕症候群の治療は世田谷用賀参健堂治療院   

変形性頸椎症は七つ

ある首の骨の間の軟骨

が、老化などにより形が

変わり痛みなどの症状

が出るものです。


変形性頸椎症


診断はお医者様により

行われ、神経根・脊髄

に異常がない場合に

かぎり診断されるものです。


変形性頸椎症


患者さんを診る場合、先に

お医者様の診断が優先

されます。

その後施術の許される範囲

で筋肉の緊張

を解き、変形した関節の負荷

を軽減させることで症状を

改善へと導こうとするものです。

むち打ち症頸肩腕症候群の治療は世田谷用賀参健堂治療院 
参健堂施術話Fへ

変形性頸椎症 症例 NO.1

このページの先頭へ

 むち打ち症頸肩腕症候群の治療は世田谷用賀参健堂治療院 
 
  寝違い



首の症状
 頸肩腕症候群

 むち打ち症頸肩腕症候群の治療は世田谷用賀参健堂治療院 
 パーティーイメージ
 むち打ち症頸肩腕症候群の治療は世田谷用賀参健堂治療院  

 
頸肩腕症候群は首・肩・腕

 さらに手指にかけて痛みや

 しびれ重だるさなどの様ざま

 な感覚の異常を訴える症状

 です。

 進行すると手指の運動障害

 や筋肉の委縮を

 起こす場合があります。

 頸椎の椎間板ヘルニアや

 変形性頸椎症などが原因と

 考えられます。

 この頸肩腕症候群の場合も、

 お医者様の診断と処置が

 優先されます。

 我々が施術を行う場合は、

 ヘルニアなどの

 変形の要因となる筋肉の

 緊張を解く事を第一に行い

 ます。

 その後、柔らかく動きやすく

 なった頸椎の椎間の牽引を

 慎重に行い、椎間の拡張と

 神経の圧迫の解除を

 行います。


 最後に神経の感覚の異常を

 引き起こして

 いる神経の興奮を、鍼の刺激

 などで治めて行きます。

 施術は、この様な手順を繰り

 返し進め、同時に日常の

 生活習慣や癖など、頸椎に

 負荷を掛けている要因の

 改善などを患者さんによく

 理解して頂きながら、症状

 改善へと導いて参ります。

 むち打ち症頸肩腕症候群の治療は世田谷用賀参健堂治療院 

   頸肩腕症候群
 症例 NO.2


 参健堂施術話@へ

   このページの先頭へ

 むち打ち症頸肩腕症候群の治療は世田谷用賀参健堂治療院 
 
  変形性膝関節症


首の症状
 むち打ち症

 むち打ち症頸肩腕症候群の治療は世田谷用賀参健堂治療院      
  パーティーイメージ
 むち打ち症頸肩腕症候群の治療は世田谷用賀参健堂治療院  


むち打ち症は自動車事故

などで頭や首が前後に振れ、

首の筋肉・靭帯・関節、

時には脊髄が損傷する

症状です。

過伸展損傷とも言われます。


その症状は、痛み・耳鳴り・

めまい・こり・手のしびれ・・・

など様々で、長引くと慢性化

し不眠・食欲不振・はきけ・

不安感・・・などの

自律神経症状を伴いさらに

ひどくなるとうつ症状を併発

する場合も多いようです。


むち打ち症原因が外傷性

による場合が多く、脊髄

損傷や骨折なども疑われ

るため、他の症状同様お

医者様の診断処置が何より

も優先されます。

我々が処置を行う場合も、

お医者様の同意と患者さん

の希望を踏まえたうえで

行います。
むち打ち症頸肩腕症候群の治療は世田谷用賀参健堂治療院
参健堂施術話Gへ
むち打ち症
 症例 NO.3
このページの先頭へ
 

 むち打ち症頸肩腕症候群の治療は世田谷用賀参健堂治療院

  ぎっくり腰


肩の症状
 肩 こ り

 むち打ち症頸肩腕症候群の治療は世田谷用賀参健堂治療院 

  パーティーイメージ

 むち打ち症頸肩腕症候群の治療は世田谷用賀参健堂治療院 

肩こりは我々施術者が最も

多く扱う症状です。


肩こりは首・肩・背中の筋肉

が過度に緊張するもので


その
原因は、筋の疲労・

冷え・血行障害・ストレス・


衰えです。

この筋肉の過度の緊張

こり』は、肩に限らず

その他の運動器系の症状

(腰痛・頸椎症・膝関節症…
)

を扱う場合にとても、重要な

課題となります。


例えば、首・腰のヘルニアや膝関節症

など
の骨格異常が原因で起こる症状も、

こり
』を改善する事で改善される事が

あります。

ヘルニアや変形性の関節症等の骨格の

異常で、長年お悩みの方でしたら

御経験があると思います。

変形した骨格は変わらないのに、

日によって症状が楽だったり、

とても辛かったりする。


よく気候のせいだと言います。

たしかに低気圧のせいで免疫力が

低下し、体調の悪い方が多くなるのは

よくある事です。

更に、朝の起き掛けは症状が辛く、

昼間は少し楽だが夕方になると

また辛くなる。

所が、お風呂に入ると楽になる。

この様に変形した骨格は変わらないのに、

気候や一日のサイクル・季節により

症状の起こり方が異なる。

本来変形した骨格が原因で症状が出て

いるのであれば、症状は常に

起こっている筈です。

では変形した骨格に変化がないのに、

何故症状は変化するのでしょうか?

それは、この筋肉の過度の緊張

こり原因とメカニズムを考えると

良く解ると思います。

こり』の原因は

疲労・冷え・血行障害・

ストレス・衰え

と先に述べました。

ここで原因の一つ、筋肉疲労を考えてみます。

特に生活習慣の中の筋肉疲労は、


慢性疲労と一過性疲労に分けられると

考えます。

慢性疲労は、デスクワークの様に

同じ姿勢であまり動きが無い状況で

起こります。

これは筋肉に動きが無く、血行の悪い

負荷が掛っているためと考えられます。

動かず負荷が掛ると筋肉は、慢性疲労

起こすと言う事です。

よく『何もしていないのに、肩がこる』と

仰られる方がおられます。

それは、『何もしていないから、肩がこる』

と言う事です。

しかし、この筋肉の慢性疲労が多くの方を

悩ませ、多くの症状の起因になって居る事は、

間違いないと考えます。

一過性疲労は、運動や肉体労働など体を

動かす事により起こります。

これは筋肉に動きがあり、血行の良い疲労

と言えます。

この血行の良い疲労は心地よい疲労であり、

回復の早い疲労です。


動いて負荷が掛った筋肉は、一過性疲労を

起こしそれは回復の早い心地よい疲労

と言えます。

むち打ち症頸肩腕症候群の治療は世田谷用賀参健堂治療院 

肩こり 症例 NO.4

参健堂施術話Aへ

このページの先頭へ

 むち打ち症頸肩腕症候群の治療は世田谷用賀参健堂治療院 

肩の症状 四十肩・五十肩

 むち打ち症頸肩腕症候群の治療は世田谷用賀参健堂治療院  
  パーティーイメージ
 むち打ち症頸肩腕症候群の治療は世田谷用賀参健堂治療院  

ここにプランが入ります。ここにプランが入ります。ここにプランが入ります。ここにプランが入ります。ここにプランが入ります。ここにプランが入ります。ここにプランが入ります。ここにプランが入ります。ここにプランが入ります。ここにパーティープランが入ります。

むち打ち症頸肩腕症候群の治療は世田谷用賀参健堂治療院 

四十肩・五十肩 症例 NO.5

このページの先頭へ

 むち打ち症頸肩腕症候群の治療は世田谷用賀参健堂治療院 

背中の症状 側 弯 症 

 むち打ち症頸肩腕症候群の治療は世田谷用賀参健堂治療院 
 
 パーティーイメージ

むち打ち症頸肩腕症候群の治療は世田谷用賀参健堂治療院 

ここにプランが入ります。ここにプランが入ります。ここにプランが入ります。ここにプランが入ります。ここにプランが入ります。ここにプランが入ります。ここにプランが入ります。ここにプランが入ります。ここにプランが入ります。ここにプランが入ります。

むち打ち症頸肩腕症候群の治療は世田谷用賀参健堂治療院 

側 弯 症 症例 NO.6

このページの先頭へ

 むち打ち症頸肩腕症候群の治療は世田谷用賀参健堂治療院 

背中の症状
 ストレートバック症候群

 むち打ち症頸肩腕症候群の治療は世田谷用賀参健堂治療院  

  パーティーイメージ

むち打ち症頸肩腕症候群の治療は世田谷用賀参健堂治療院 

ここにプランが入ります。ここにプランが入ります。ここにプランが入ります。ここにプランが入ります。ここにプランが入ります。ここにプランが入ります。ここにプランが入ります。ここにプランが入ります。ここにプランが入ります。ここにプランが入ります。

むち打ち症頸肩腕症候群の治療は世田谷用賀参健堂治療院  

ストレートバック症候群 症例 NO.7

このページの先頭へ

 むち打ち症頸肩腕症候群の治療は世田谷用賀参健堂治療院 

背中の症状  変形性胸椎症

 むち打ち症頸肩腕症候群の治療は世田谷用賀参健堂治療院 

  パニック障害

 むち打ち症頸肩腕症候群の治療は世田谷用賀参健堂治療院 
 

ここにプランが入ります。ここにプランが入ります。ここにプランが入ります。ここにプランが入ります。ここにプランが入ります。ここにプランが入ります。ここにプランが入ります。ここにプランが入ります。ここにプランが入ります。ここにプランが入ります。

むち打ち症頸肩腕症候群の治療は世田谷用賀参健堂治療院 


変形性胸椎症 症例 NO.8

このページの先頭へ

 むち打ち症頸肩腕症候群の治療は世田谷用賀参健堂治療院 

背中の症状 肋間神経痛

パーティーイメージ

ここにプランが入ります。ここにプランが入ります。ここにプランが入ります。ここにプランが入ります。ここにプランが入ります。ここにプランが入ります。ここにプランが入ります。ここにプランが入ります。ここにプランが入ります。ここにプランが入ります。



肋間神経痛 症例 NO.9

このページの先頭へ

※詳しくはお気軽にご相談ください。

 自律神経失調症

 腰の症状 ぎっくり腰

欝

ぎっくり腰とは急性の腰痛症の一般的な

総称です。

しかし突然起こった腰の痛み総てを


ぎっくり腰と一括りにする事は、後に大変な

ことになる事があります。


ぎっくり腰の原因には、内科的疾患、骨折、

運動器系疾患(筋肉・関節・神経)などが

あり、その判断は慎重に行う必要があります。


ぎっくり腰は、患者さんの『腰が痛い』

と言う、一言から始まる症状ですが

その原因は様々です。

過去には、胆石・結石・卵巣嚢腫・圧迫骨折…

などでお越しになったケースもありました。

無論この様なケースの場合は、施術をせずに

病院を受診して頂き、お医者様の診断により

その原因が解ったものです。


ぎっくり腰を軽く考えず、まず第一にお医者様

の診断・治療を優先する事が重要と考えます。


また我々、はり・灸・マッサージ師が扱う


ぎっくり腰の多くは、主に運動器系(筋肉・

関節・神経)疾患によるものです。


ぎっくり腰を運動器系(筋肉・関節・神経)

疾患に限定すると、

その分類・原因・メカニズムはかなり明快に

なってくると考えます。

分類としては、

@
 筋にダメージがあるもの

A
 筋と骨(関節)にダメージがあるもの

B 
筋と骨(関節)と神経にまでダメージが

   及ぶものと分類出来ると考えます。

原因とメカニズムとしては、

最初は、
筋の過緊張(疲労・冷え・ストレス

・衰え・血行障害…)がすべての
起因

となると考えます。

その後、その
筋肉自体の炎症・痛み・

運動制限などが起こります。

次に、その筋肉が支える
骨(関節)に負荷

が掛り関節の可動制限や炎症などを

まねきます。

更に、この関節の負荷が腰椎の椎間を圧迫

すると、そこから出る神経までもを圧迫し、

神経の症状が起こると考えられます。

施術として第一に行うことは、筋の過緊張

炎症部位に注意しながらマッサージなどの

手技で解きます。

筋の炎症に関しては、鍼の消炎・鎮痛効果で

緩和します。

筋の緊張と炎症が緩和されると、

骨(関節)の可動制限が解除され無理なく

ストレッチなどで、骨格を正常な状態へと

矯正出来ます。

骨格が矯正されると神経の圧迫は解除され

ますが、神経の症状は残る場合があります。

この神経の症状
(痛み・しびれ・引きつり・

感覚異常…)は、神経痛の症状と同じで、

神経痛の処置
(座骨神経痛参照)

施します。

こうして、筋肉・関節・神経の症状に対処

することで
ぎっくり腰の症状は改善されると

考えます。

しかし、施術はこれでは不十分です。


ぎっくり腰は、よく癖になると言いますが私は

そうは思いません。


ぎっくり腰の最初の原因は、筋の過緊張です。

この筋の過緊張(疲労・冷え・ストレス・衰え・

血行障害…)
は、生活習慣です。

この生活習慣を改善しなければ、何度でも

ぎっくり腰は起こします。

施術は、生活習慣の改善を患者さんによく

理解して頂き、予防法を患者さん自身が

身に着けて頂いたところで終了するものと

考えます。



ぎっくり腰 症例 NO.10
参健堂施術話Bへ

このページの先頭へ




※詳しくはお気軽にご相談ください。

 パニック障害

腰の症状 脊柱管狭窄症

自律神経失調症

脊柱管狭窄症とは、先天的・後天的に脊椎に

ある脊柱管と言う神経を囲んでいる管が狭窄

する疾患です。

特に加齢に伴って起こる、脊髄変性症でよく

みられる症状で、椎間板ヘルニア・すべり症・

骨粗しょう症・腫瘍などで起こる場合が

あります。

症状としては、歩くとだんだん足がしびれたり

痛くなり、休むと回復すると言う
間欠性跛行

(かんけつせいはこう)が特徴です。

この間欠性跛行は
閉塞性動脈硬化症でも

みられるため、お医者様による十分な鑑別、

診断が必要です。


脊柱管狭窄症 症例 NO.11

このページの先頭へ

※詳しくはお気軽にご相談ください


 腰の症状 腰椎すべり症

パーティーイメージ

ここにプランが入ります。ここにプランが入ります。ここにプランが入ります。ここにプランが入ります。ここにプランが入ります。ここにプランが入ります。ここにプランが入ります。ここにプランが入ります。ここにプランが入ります。ここにプランが入ります。


腰椎すべり症 症例 NO.12


このページの先頭へ

座骨神経痛


腰の症状 座骨神経痛

 
変形性頸椎症

座骨神経痛とは、腰の第4・5腰椎と仙骨から

出てお尻・腿(もも)の裏側・内側、主に

脛(すね)から足先まで伸びる
座骨神経

異常な興奮を言います。


原因は、腰椎ヘルニア・脊柱管狭窄症・

腰椎すべり症などの
座骨神経が脊椎から

分岐する部位での異常が挙げられ、

この場合これらの
原因症状として

座骨神経痛は扱われます。

また、腰椎などの
座骨神経の分岐部に異常

が無く単独で
座骨神経痛症状が起こる事

がありこの場合
「座骨神経痛」として病名

扱われます。

座骨神経痛は、症状病名で扱われる事が

あると言う事です。

症状は、「神経の興奮」と考えると解り易いと

思います。

興奮した神経は太くなり、ちじみ、感覚の異常

を起こします。

それが、
ひきつる様な痛み重だるさシビレ

激痛などの症状です。

これらの症状が、腰からおしり、ももの内・外、

足先まで人により、様々に起こるのが


座骨神経痛
です。



座骨神経痛 症例 NO.13

参健堂施術話Cへ


このページの先頭へ

※詳しくはお気軽にご相談ください。

腰の症状 椎間板ヘルニア

パーティーイメージ

ここにプランが入ります。ここにプランが入ります。ここにプランが入ります。ここにプランが入ります。ここにプランが入ります。ここにプランが入ります。ここにプランが入ります。ここにプランが入ります。ここにプランが入ります。ここにプランが入ります。


椎間板ヘルニア 症例 NO.14

このページの先頭へ

変形性頸椎症


その他の症状 睡眠障害

椎間板ヘルニア

睡眠障害の原因は人によって様々です。

原因によって生活習慣を見直すだけで

大丈夫な場合や、医師による治療が

必要になる場合もあり対処法も変わって

きます。

睡眠障害の主な原因は、

@心理的(ストレス等)

A身体的(病気等)

B精神的(不安抑うつ等)

C薬物的(服用薬等)  

D生理的(昼夜逆転等)

等が挙げられ、対応もそれぞれに

必要です。

@心理的(ストレス等)は

  特に眠れなくなった前後の出来事
  を詳しく検討することで、明らかに
  なってくることがあります。

A身体的(病気等)は

  身体的な病気や症状を治療する
  ことで、改善されることがあります。

B精神的(不安抑うつ等)は

 専門医師に相談して適切な治療が
 必要な場合があります。

C薬物的(服用薬等)は

 服用しているお薬、飲酒、喫煙、
 カフェイン摂取の習慣がないかを
 確認することが大切です。
 
D生理的(昼夜逆転等)は

  先ずは少しでも眠りやすい住環境
  作りを考える。
  例えば就寝前は、間接照明にし
  昼白色から電球色にするなど光の
  コントロールを考えたり、心と体が
  リラックスできるような工夫が必要
 です。





このページの先頭へ
top pagtop page

  寝違い

その他の症状
 
自律神経失調症

 肩こり

自律神経とは、体の主に内臓等

の機能をコントロールしている

神経です。


例えば心臓の鼓動を早めた

り遅くしたり、血管を拡張させたり

収縮させたり、体温・あせ・呼吸の

コントロール、ホルモンの分泌・抑制、

胃や腸のぜん動、など
自分の意思

とは関わらず働いている
ものです。

眠っていても生命が維持できるのは、

自律神経が働いているからと

言えます。

自分の意思とは関わらず生命維持の

コントロールをしていることから、


植物性神経(不随意神経)

とも呼ばれます。

その逆で、手や足を動かす・言葉を

話すなど自分の意思でコントロール

出来る神経を


動物性神経
(運動神経・随意神経)

と呼ばれています。

自律神経は更に、


交感神経
副交感神経


分けられます。


この交感神経と副交感神経は、

常にそのどちらかが体を支配しその

コントロールをします。


 
 交感神経 が体を支配すると、

   体は
興奮・緊張・集中
します。

   (例えば、心臓の鼓動が早まり、

   血管が収縮し、血圧は上昇、

   胃や腸の活動は抑制されます)

   丁度
つたりストレスのかかっ

   ている時の様な状態です。


 副交感神経 が体を支配すると、

   体は
リラックス
します。

   (例えば、心臓の鼓動を穏やか

    にし、血管を拡張し、血圧を

    安定させ、胃や腸の活動を促進

    させます)この副交感神経が体を

  支配している時は、あまり体の不調

  を感じていない時と言えます。


  この交感神経と副交感神経のどちら


  の神経が体を強く支配ているかで

  体の状態が変わります。

自律神経失調症
とは、

交感神経と副交感神経がうまく切り替わ

らない状態と当院は考えます。



このページの先頭へ
top pagtop page

店舗イメージ

shop info参健堂治療院
〒158-0097
東京都世田谷区
用賀4-12-7‐201

TEL.03-3708-1958
topconcep